Donate Button

$

You have chosen to donate $10 once.

Personal Info

Credit Card Info
This is a secure SSL encrypted payment.
Billing Details

Donation Total: $10 One Time

次世代の若き 篆刻 家にインタビュー!part1

2012年秋、銀座で若き書人達が集い開催された「小さな展覧会」。

前回、展覧会の作品をピックアップしてレポートいたしましたが、今回は2人の 篆刻 家にスポットをあててご紹介します。
書道に並々ならぬ情熱を持ち、中国で留学を経験。

現在では、 篆刻 家のプロとして多くのファンに印を提供しています。

figure_1_how_the_young_are_keeping_the_fine_art_of_seal_engraving_alive_p1

Figure 1. 松尾碩甫(まつお せきほ)氏

そんなお二人の作品を順に紹介していきたいと思います。

まず、一人目は松尾碩甫(まつお せきほ)氏。

(略歴)
2005年に大東文化大学書道学科を卒業した後、同大学院で書道学を専攻。
奨学金留学制度を使って、1年間中国で留学した経験を持つ。「中国に留学したことは有意義だった、これをきっかけに世界観が大きく変わった」と話す。
現在は、高校の書道講師として教壇に立つ傍ら、書道用品店との専属契約と個人的なネットワークで印を販売している。

figure_2_how_the_young_are_keeping_the_fine_art_of_seal_engraving_alive_p1

Figure 2. 「小さな展覧会」での松尾碩甫氏の作品群。

松尾氏:
「今回は、おめでたい言葉(吉語(きつご))を中心に、様々なパターンで彫りました。甲骨文字から、金文、小篆まで色々な時代の篆書を彫りました。普段は隷書、楷書、行書も彫りますが、面白さを一番発揮できるのは篆書ですので、今回は全部篆書の文字を出品しました。」

「3cm以内の小さな印であれば、実際には10分程で彫ることができますが、その前のデザインを考え決定するまでが大変で時間がかかります」
小さな面積の石にどう文字をおさめるか、篆刻家の力量が最も問われるところであるそうです。

figure_3_how_the_young_are_keeping_the_fine_art_of_seal_engraving_alive_p1

Figure 3. (右に彫ってあるのは、魚。「魚」は中国語の発音が「余」と同じであるため、“沢山”、“豊かな”という意味を表すために使われる。)

figure_4_how_the_young_are_keeping_the_fine_art_of_seal_engraving_alive_p1

Figure 4. 日利(“一日良いことがある”という意味。中央に「日利」、両端に魚を配置。ここでも発音が「魚」=「余」であることから、魚で“豊かな”という意味を表している。)

figure_5_how_the_young_are_keeping_the_fine_art_of_seal_engraving_alive_p1

Figure 5. 未央(”尽きない”という意味。漢時代の吉語。)

 「石の色も意識して展示してあります。緑色の石は青田石(せいでんせき)。中国浙江省青田県産で硬く彫りやすい石です。白い石は巴林石(ぱりんせき)。内モンゴル地方の石です。赤い石は寿山石(じゅざんせき)。福建省産。
 陶印も彫りました。木や竹根の場合は石を彫るときの印刀とは別のものを使いますが、陶印の場合は石を彫る印刀と同じもので彫れます。ただ、硬いので彫るのに非常に苦労します。」

figure_6_how_the_young_are_keeping_the_fine_art_of_seal_engraving_alive_p1

Figure 6. 左が陶印。右は青田石。

figure_7_how_the_young_are_keeping_the_fine_art_of_seal_engraving_alive_p1

Figure 7. 寿山石

figure_8_how_the_young_are_keeping_the_fine_art_of_seal_engraving_alive_p1

Figure 8. 大吉羊(大吉祥)
動物の模様の中に三つの輪があり、その中にそれぞれ“大”“吉”“羊”と彫ってある可愛らしい作品。

figure_9_how_the_young_are_keeping_the_fine_art_of_seal_engraving_alive_p1

Figure 9. 熱心に解説中の松尾氏。
印についての熱い思いを長い時間語ってくれました。

Beyond Calligraphyの読者へのメッセージ。

「中国や日本では印の存在がよく知られていますが、欧米では知っている人が少ないと思いますので、今後、海

外で個展やパフォーマンスをするなど世界で発表していきたいという夢があります。世界の方々と機会があれば積極的に交流したいと思っています。」

【連絡先】
松尾碩甫
E-mail: Daisuke Matsuo

Sakiko Yanagisawa

Sakiko Yanagisawa began her study of Shodo at the age of 6. Entering Japan Women's University in 1996 and majoring in Japanese Literature and Language, she studied with various shodo Masters of the Shiun Shodokai, including teachers such as master Okoshi Setsudo and Master Ishizawa Kochu among others. After graduating from university in 2000, she decided to specialize in Shodo. She received the title of Shihan in 2008 from Shiun Shodokai.

Leave a Comment





Do NOT follow this link or you will be banned from the site!