Donate Button

$

You have chosen to donate $10 once.

Personal Info

Credit Card Info
This is a secure SSL encrypted payment.
Billing Details

Donation Total: $10 One Time

Translated Articles

墨の響きを感じる( 山田 修也氏インタビュー)

By Sakiko Yanagisawa / 11/09/2012 / 0 Comments

山田 先生は、「全国書の仲間展佑友」の主宰者であり、日本で最も大きい公募展「毎日書道展」の審査会員でもあります。

Read More
figure_3_yuyu_event_DAG7112-e

流派を越えて 書 の楽しさを

By Sakiko Yanagisawa / 21/08/2012 / 0 Comments

2012年7月27日から29日、東京の有名な観光地 浅草で、流派を越えたとても興味深い書展が開催されました。その書展は、第11回全国書の仲間展「佑友」

Read More

第11回 全国 書 の仲間展「佑友」

By Sakiko Yanagisawa / 23/07/2012 / 0 Comments

第11回を迎える「全国 書 の仲間展 佑友」は、平成24年、今から10年前に山田修也氏を中心として、20代から40代の新進書道家40名により発会されました。

Read More

I maghi dell'inchiostro: 王羲之 (Wang Xizhi, 303 – 361). Parte II

By Daniela Di Perna / 13/07/2012 / 2 Comments

Wang Xizhi, come molti calligrafi, era spesso sbadato e quando si immergeva totalmente nei suoi studi, si distraeva del tutto. Un giorno, chiamato dalla

Read More

彷徨う 龍 の魂の軌跡

By Beyond Calligraphy / 03/07/2012 / 0 Comments

水墨画(墨絵)という芸術は、もともと東アジア(主に中国と日本)のものであり、私の故郷ポーランドでは、特に、アジアの文化に慣れ親しんでいない人にとっては、むしろ異色なものでした。芸術の本質は無限で、作品の隅々まで、深く味わわせてくれます。 […]

Read More

De l'importance de l'ordre des traits dans l'écriture des idéogrammes

By Olivier Delasalle / 16/06/2012 / 2 Comments

Peu de gens y prêtent attention, mais l’ordre des traits (c’est-à-dire l’ordre dans lequel on écrit les traits de chaque kanji) est plus important qu’il ne

Read More

桂堂 を攀じる、パート2

By Junichi Fujino / 12/06/2012 / 0 Comments

筆の芯の部分に丈夫な手漉きの和紙を巻いているため、全体の3分の1しかおりない。そのため…

Read More
figure_5_climbing_the_moon_tree_p1_1

桂堂 を攀じる、パート1

By Junichi Fujino / 05/06/2012 / 2 Comments

明治42年、十三世雲平は東京に攀 桂堂 を移し、松方正義(まつかたまさよし)翁、大倉喜八郎翁、書家の比田井天来・小琴ご夫婦、岡山高陰(おかやまたかかげ)などの諸先生方に筆のご用を賜る。

Read More

I maghi dell'inchiostro: 王羲之 (Wang Xizhi, 303 – 361). Parte I

By Daniela Di Perna / 31/05/2012 / 2 Comments

Wang Xizhi è nato in una famiglia nobile e potente. Suo padre aveva dei legami con la famiglia reale e alcuni membri della sua famiglia avevano il controllo

Read More

Les magiciens de l'encre : 王羲之 (Wang Xizhi, 303 – 361), troisième partie.

By Olivier Delasalle / 25/05/2012 / 0 Comments

Parmi eux se trouvait Wang Xizhi (王羲之, pinyin: Wang Xizhi, 303–361) qui, légèrement enivré après le joyeux événement, s’assit sur les berges d’une petite

Read More
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!