Shadow Photography and Calligraphy

calligraphy-and-shadows-final

いつからだろう、影を見つめるようになったのは?書と墨の色に魅了され、日本を愛していた私が、南半球の国、オーストラリアに移住したのは20数年前。言葉の違う国で戸惑ったことは、言葉よりも、日本とは異なる乾いた空気と澄み切った青い空、眩い光、そしてその光に描きだされる影の濃さだった。 影に興味を覚えたのは、ある夏の日に公園で見た木の影が、まるで前衛作品の書のように思えたからだ。日々の生活に追われ、書を描くことができなくなっていた私は、Art Diaryに素描を描いたり、絵のアイディアを書き込むように、筆の替わりにカメラを使い、影の写真を撮るようになった。影の写真を撮るということは、影という墨を白い紙に置くようなものかもしれない。 そんな私の書と影への思いをLuke Wong … [Read more...]

ことば・感動を書に

figure_5_Master_Asada

小さな体からはとても想像できないような、何メールもある大きな作品を発表し続けている書家、浅田聖子。 学校の体育館の端から端まで紙を広げ、手も脚も墨だらけになりながら全身で筆を操っていく制作風景は血気盛んで、見るものを魅了します。 日常生活にある、感動する言葉を“書”にし、「“書”を通して元気や癒しを届けたい」という思いと使命感を持って発表し続ける浅田氏。 浅田聖子先生が昨年2012年の近作書展で発表された作品を一部ご紹介いたします。 【プロフィール】 1949年生。東京都出身。母親が書家だったため、4歳から筆持ちはじめ、書の道へ。1965年故益田霞邨に師事。1971年故駒井鷲静に師事。 毎日書道展, 日書展など受賞多数。現在、商品パッケージや題字なども含め積極的に活動中。 … [Read more...]

Sumi-e slikarstvo iz perspektive tradicionalno-akademski školovanog europskog umjetnika

figure_2_sumi-e_from_the_perspective_of_a_traditional_academically-trained_european_artist

"To nije jednostavno usvajanje znanja, nego promjena u biću." J.M.W.Turner Ono što najviše poštujem unutar sumi-e slikarstva je njegova priroda kontrasta, opozicije, vizualno-morfološke tenzije koja teče tijekom njegove primjene. Lako je uočiti vezu, nerazdruživu vezu, prema univerzalnom i osnovnom simbolizmu, najbolje izraženom u čuvenom Yin-Yang simbolu i njegovim varijantama iz drugih kultura: Davidove zvijezde Židova, sumerskog istokračnog križa i drugima. Ako razmišljamo na … [Read more...]

次世代の若き 篆刻 家にインタビュー!part1

figure_2_how_the_young_are_keeping_the_fine_art_of_seal_engraving_alive_p1

2012年秋、銀座で若き書人達が集い開催された「小さな展覧会」。 前回、展覧会の作品をピックアップしてレポートいたしましたが、今回は2人の 篆刻 家にスポットをあててご紹介します。 書道に並々ならぬ情熱を持ち、中国で留学を経験。 現在では、 篆刻 家のプロとして多くのファンに印を提供しています。 そんなお二人の作品を順に紹介していきたいと思います。 まず、一人目は松尾碩甫(まつお せきほ)氏。 … [Read more...]

流浪的龍魂 水墨 痕跡

figure_4_mariusz_szmerdt

原始文字,藝術和攝影:馬瑞斯Szmerdt 英語翻譯:浦Ryuurui(品天龍涙)的油墨畫(墨絵,すみえ,藝術暈染,ë),技法源自遠東文化(主要是中國和日本),而異國情調來自我的祖國波蘭,藝術的本質是無國界的,誘我深入冒險其境界。 我被日本文化的魅力所吸引開始於武術 。武術訓練所需的精神和思維定式,對應的就是 水墨 畫和書法藝術。budou(武道,ぶどう,浮圖,即“武術”)的路徑,我信奉佛教和禪宗的哲學,這使我發現我陶醉其深度,並通過簡單的形式表達複雜美學的日本畫。我的心將永遠致力於此,我將生活定義為油墨的痕跡。 我是在藝術家包圍的環境中長大的。儘管生活忙碌,我的母親總是會找時間架好她的畫架、畫筆和油漆。我受到藝術本能的招喚,像磁力般吸引我的注意力,我把自己的靈魂,獻給了色彩和光的世界。以油畫和水彩畫開始,花費多年學習各種繪畫技法,中間經過木炭,鉛筆,甚至彩色玻璃作品,我第一次與油墨接觸是藉由在我的工作室實行紋身藝術專業 13年。然而,當我發現東亞 水墨 藝術,我意識到,這正是我下意識想要尋找的東西,讓我毫無保留或限制地表達自己藝術。當我用墨畫的時 … [Read more...]